11月舞台出演キャスト募集『La Vita e Bella ── とある優等生と壊れた世界』

カテゴリー NEWS

プロジェクト「Act」Tokyoでは11月舞台「La Vita e Bella—とある優等生と壊れた世界」の出演者を募集しています。

当公演は文化庁の「文化芸術活動の継続支援事業」に採択されました。

・ご応募いただいた方にはまず上演台本のデータをお送りし、演じたい役があるか、演じたい台本かなどをじっくり考えていただいています。

・当公演は、生の舞台公演の他、カメラ数台を使用した本格的な動画配信も検討しています。

・我々はこんな状況だからこそ、演劇を待っているお客様、演劇をしたい俳優たちのための場所を作ります。本気で挑みたい方を求めています。

・文化庁の文化芸術活動の継続支援事業の補助金の申請を進めており、交付を頂くことができた場合には数万円の報酬をお支払いすることもできます。

――プロジェクト「Act」Tokyoが目指す演劇。

・役者の個性、発想力を尊重し、より高い芸術性を得られるような演劇。

・演技審査前に上演台本や出演に関わる条件など全ての情報をお伝えし、お互いに納得して仕事ができる環境作りに努めています。

――現在検討している主な感染防止対策。
公益社団法人全国公立文化施設協会の感染拡大予防ガイドラインに沿って、予防対策を講じます。

(稽古時)
・稽古場内の常時換気
・マスクまたはフェイスシールドを着用しての稽古
・万が一衣類からの感染の防止のため、俳優、スッタフ全員、稽古専用の着替えの持参。
・稽古前の検温、手洗い、うがい。
・オンラインを活用するなどして、各人の稽古場の滞在時間を最小限に抑えた稽古。
・演者同士の身体の接触を最小限に留めつつ、脚本が求める表現を実現する演出。

(本番期間中)
・公演毎に消毒液を用いて劇場内、客席、セット等の消毒。
・会場スタッフ全員のマスク、手袋の着用
・劇場内の常時換気
・お客様に対して可能な限り事前決済をお願いし、窓口での手続き簡略化を目指します。
・アクリル製スケルトンのボードで客席と舞台を仕切り、飛沫感染の防止をしつつ、そのボードを演出にも活用する予定です。
・万が一の際のために来場者に対しての氏名、緊急連絡先の聴取。(個人情報保護法を遵守した形で行います)

――あらかじめご了承いただく点
・完全ダブルキャストでの公演を予定しています。演者への負担の観点から、シングルキャストの予定はなく、キャストが揃わない場合、一方の座組み、もしくは両方の座組みが中止になる可能性があります。
・本番前、本番期間中に座組みの中、もしくは個々の濃厚接触者から新型コロナウイルス感染者もしくはそれと疑わしい方がいると判明した場合、公演が中止になる可能性があります。

――稽古日程
期間:10月20日~毎週火曜、土曜13時~22時。本番10日前から集中稽古(状況により日数、時間の削減の可能性あり)。
場所:中野区内、新宿区内、小金井市内の公営施設。

――公演日程
11月26日~11月30日 全8〜10ステージ+動画配信(ダブルキャストの為各班4〜5ステージ予定)

――公演概要

演目:「La vita e Bella――とある優等生と壊れた世界」
公演場所:平賀スクエア(席数60→30)

公演時間:2時間半前後(途中休憩15分込み)

作・ 安城龍樹

くろねこキャスト演出・安城龍樹
ライオンキャスト演出・大関愛

チケット価格 3,500円(税込)

――ギャランティ
・少額ではありますが出演料をお支払い致します。(金額は役どころにより異なります)詳細は面談時に説明します。
・出演料に加えてチケットバックによる報酬があります。
・チケットノルマ(通常九枚)をお願いしています。
※上記以外の報酬・美術、衣装、小道具など個別に制作の補助をして頂ける方は貢献割合に応じて謝礼が出ます。・各物販についても出演者個別のものについては報酬が発生します。

――あらすじ

黒猫の幽霊は言った。
「お前の世界は間も無く壊れる。そして”扉”を見つけるだろう」

高校時代の聡介は、地方の公立進学校に通う成績、素行の優秀な優等生だった。高校二年の終業式まで、周りのほとんど誰もが県内の公立大学に推薦で進学すると信じていた。
しかし、新学期を迎えた4月。ヤマハのアコースティックギターにマルボロ。学校帰りに河原でギターを弾き、発泡酒を飲んで眠り、朝を迎え学校へ行く。そんな不良生徒へと生まれ変わっていた。
親友の”キョーダイ”は戸惑いながらも京大を目指し、将太はラブレターを書く。
聡介の恋する涼子は、予備校の講師と不倫をしている事をその時聡介はまだ知らない。

「人生は素晴らしい。”扉”がそこにあると信じる限り」

高校最後の夏、聡介とその仲間(通称あのメン)たちは、どこからか脱走したライオンを探すべく、ネット上で目撃情報のあったという山へと向けて出発する――。

――募集中の主な配役

澄田聡介(10代~20代)「真面目な優等生だったが、”ある出来事”を期にバンドマンを目指すようになる」

竹下涼子(同上)「聡介が想いを寄せる同級生。弁護士の母と二人暮らし。イタリア音楽を愛し、将来イタリアで生活することを夢見ている」

澄田三江(30〜40代)「聡介の母。都会の男との結婚を夢見ていたが、当時の栄一の経済力が魅力で結婚する」※20代時の回想シーンがあります。

竹下淳子(同上)「涼子の母。弁護士として活躍しつつ、涼子を育てた経験から、涼子にも同様に自立した生き方をして欲しいと望んでいる」

放浪する中年男(30歳以上に見える方)「生活保護で生活しており、パチンコ屋や居酒屋を行き来する日々を送っている」

黒猫の幽霊(不問)「17歳の聡介の前に現れた”扉”の存在を知る者」詳細は戯曲内でのみ記載。

――応募資格
・心身共に健康な方。
・主人公聡介役に関しては弾き語りのシーンがあります。本番に合わせて形にできる努力ができる方であれば弾き語りのスキルは不問です。
・応募に当たっての演技経験、経歴は不問です。
・募集中の配役の年代に該当する方。

――選考の流れ

①一次選考・・・データ選考。

②オンライン面談・・・演技審査日程のご相談、データにて公演詳細の説明を行います。面談後に上演台本をお送りし、希望の役を演技審査までに決めて頂きます。

③演技審査・・・演技審査を行います。(約1時間程度、各回2名程度を想定しております)当日はマスクもしくはフェイスシールドを着用して行います。

④演技審査翌日以降に合否を連絡します。(長くて三週間程度お待ちいただく場合があります)
※選考は随時行なっております。すべての配役が決定し次第、募集期間内(〜10/7)でも応募を締め切る場合がございます。

出演を希望される方はまず下記のアドレスに

・名前
・生年月日
・出身地
・身長
・体重
・所属
・簡単な自己PR
・写真(バストアップ、全身)※自撮り可、加工写真不可

を添付してメール下さい。

projectact.tokyo@gmail.com(担当:大関)

もしくは、こちらの応募フォームからもご応募いただけます。

ご質問等もお待ちしております。