NEWS

メンバー、キャストおよびWS参加者募集

プロジェクト「Act」Tokyoでは以下の募集をしています。

◼︎積極的に活動に携わって頂ける「メンバー」

◼︎出演のみを前提にお願いする「キャスト」

◼︎メソッドアクティングワークショップの参加者

 

※事務所所属、劇団所属、フリー等経歴は問いません。

これから役者を目指したい、まずはお芝居に挑戦してみたいといった初心者の方も大歓迎です。


ワークショップ

小劇場レベルの役者と商業レベルの役者と比較したとき、発声や表情、姿勢また自意識からの解放、身体、感情の解放など役者として最低限必要と思われる基本的な部分ができていない印象があります。
プロジェクト「Act」Tokyoではその基本を訓練しています。

またプロジェクト「Act」Tokyoではメソッドアクティングを使用したいわゆる「メソッド演技」を主に行っています。

メソッド演技を使えるようになる為には、自意識からの解放・身体、感情の解放が必要不可欠です。

そのため、WSではスタニスラフスキーシステム、マイケルチェーホフメソッドを中心に、解放の訓練、また、演技に芸術的側面を付加させる為の「Act」独自の訓練も取り入れ、自然でかつ美しい演技ができる役者の育成を目指しています。

場所 中野区内各所

 


映像演技研究会

2019年からの新たな取り組み、映像演技研究会。

週一回、週ごとに違った題材を取り上げて、カメラ前での演技を試していきます。

堅苦しい演習ではなくただ「カメラの前で演技する練習」の場。

題材は既存の映像作品や戯曲、小説中のシーンなど…

参加者それぞれが「良い」と思う研究材料や演じたい題材などを持ち寄り、アイデアを出し合い、魅力的なシーンを作るためにひたすら模索できる時間にします。

演技への探究心・向上心をお持ちの方、お待ちしております!

映像演技研究会ページはこちら http://actt.jp/camera_acting/